歯列矯正の治療中の痛みと軽減する改善策

歯列矯正は、正直に申し上げると半端なく痛いです。

痛みに我慢できると思っていても、この痛さに慣れるまではある程度の時間が必要かもしれません。

ただし、痛みの感度には個人差があるから、誰でも痛がるとは限りません。

けど、あの痛みが1年くらいも耐えるのは辛いですね。

私は自信ないなぁ。

歯列矯正の医療費控除が使えてもチャレンジする勇気がないです。

友人が歯列矯正し始めた当初、少しでも固いもの噛むと痛いのでおかゆのような柔らかい食事じゃないと食べられないって。

しかもこれが1年くらい続く訳だから辛い。

一般的に、歯列矯正の痛みには多くわけて3種類があります。

第一に、装置を口腔内に装着するときの痛みです。

矯正装置のバンドを歯に押し込む際に痛みを感じやすいられる方は多く見られます。

矯正装置はつけ始めはとても痛みを感じやすいですけど、少しづつ慣れてきます。

歯科医といえども、大人になってから歯並びはどこまで矯正できるのか分からないといっていました。

矯正するなら希望をもってキレイになりたいですよね。

2つ目の痛みを感じるのは、矯正をする力による組織の炎症反応が起こった時の痛みです。

歯に加わった圧力よって歯茎やエナメル質の歯などが赤くなって炎症が起こりやすくて痛みを感じやすいです。

3つ目がブラケット(ワイヤー)が当たることによって、口唇が切れやすくて痛みやカサカサ肌になりやすいです。

私のように痛みを我慢できない人は、どうしても歯列矯正をやりたくない人間です。

そんな人のために朗報があります。

歯を削ってセラミックをかぶせることで歯並びを整えることができます。

 

痛みの緩衝方法

歯科で行う痛みを緩和方法としては、発痛物質でお悩みの箇所にレーザーを照射し、除痛するというやり方です。

高周波治療器を用いて代謝と血行を改善して歯の移動を促し、痛みを軽減するといった方法を取っている歯科もあるようです。

唇全体に当たるのを避けるような場合はリップガードを装着するという方法もあります。

痛みの緩和として、鎮痛剤を服用するという処置もあります。

ただし、長期にわたって服用するのは避けたほうが賢明だと思います。

薬物中毒にはならないように注意しましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です