高齢処女の秘密暴露!アラサー世代がロストバージン拒む理由は何

「ロストバージン」という言葉すら知らなかったです。

高齢処女の別名として定着しているとは・・・。

30歳以降のアラサー世代でも異性との性体験がない人を示しているとはいっても、30歳という目安にする根拠は何でしょうか?

ところで、新ドラマがスタートするなかで、人気漫画のドラマ化作品が複数あります。

綾瀬はるか主演『きょうは会社休みます。』は高齢処女が恋愛する内容だそうです。

彼女たちがなぜ未経験を続けているのでしょうか?

その応えはさまざまありますけど、一番多いのが「別に!なんとなく」でした。

明確な判断理由を持っているわけでもないのが不思議です。

根っからの男性不信や男性嫌いという高齢処女の方はほとんどいません。

できるなら、体験したいと考えている人が多いです。

実際の高齢処女も「美人」だとは断言できなくても、普通あるいは、そこそこの美貌の持ち主なのが大半です。

しかしながら、男性と話せない人は、基本的に自己愛を薄く、自分を褒めるのが下手です。

「男性にはもてない」と自分勝手に思い込んでいる女性が自然のながれで性体験できないようです。

恋愛経験がないのがコンプレックスで自分に自信が持てないのかもしれません。

私の周辺にロストバージンを嫌がるアラサー世代の女性がいるのか見分けができませんが、「もしかしたら・・・」という人はいますけど。

ぶしつけに質問するような愚かな行動はもちろんひかえますけど興味あります。

セクハラで訴えられないなら聞いてみたいです。

そもそも結婚や性生活や恋愛に関して、必ず経験しなければいけないものじゃないと思います。

何かしらの信念があって処女なら処女のままでも良いのでは?

ただし、アラサーを過ぎた女性の意見が興味深いです。

「子供は産めるなら産んだ方がいい」という意見でした。

不妊治療を続けていても様々な事情で妊娠できない方ももいますけど、

子育てを通じて子どもに色々な経験をさせてもらえると発言しています。

子どもがいるママさんのコメントも一理あると思います。

そうは言っても、簡単に30歳越えのバージン喪失を推奨している訳ではありませんのでお間違いなくお願いします。

最終的には自己判断です。

男も女もそうだけど、なんとなくそうなったならわかるけど、

何歳までに処女捨てるのを目的にすることがおかしいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です