ブラック家庭が急増の理由!夫が逆DV被害で苦悩を激白

「ブラック家庭」が深刻な社会現象の一つとして問題になっています。

ブラック企業という言葉は流行語に匹敵するほど話題になって、労働基準監督官やブラック企業に近い社長が主役のドラマが放送されました。

けど、今は、ブラックな家庭環境のトラブルがあります。

通常では考えられないような仕打ちで家族の一員を追い込んで四面楚歌にする家族がいます。

男の旦那が妻を、親が子どもに言葉や態度で精神的にも肉低的にも追い込むのが多いです。

一方で、妻が旦那に八つ当たりや虐待するケースが急増しています。

テーマは「理不尽な仕打ち」が日常茶飯事に横行しているかいないかです。

夫が妻からうける逆DV被害件数が増加傾向な理由を考察すると、草食系の男子が妻に反発しないからだと感じます。

昔から暴力や暴言を振るう妻はいました。けど、世間で露出しなかったです。

仕打ちをうている男性側が黙って耐え忍んでいたからバレなかったと思われます。

今はSNSが発展して声を出しやすい環境が整ってきたのが拡散の理由です。

離婚カウンセラーのコメントを聞くと生なまして現状に驚くばかりです。

例えば、「結婚当初から妻が旦那のために夕飯を作ったことは一度もない」

「買ってきた土産を目の前で捨てられる」

「仕事から帰ってくるな。アルバイトしてもっと稼げ!」

など、人事られないような行動には唖然とします。

奥さんが逆DVの当事者に変化するのは、何かしらの原因があります。

夫の何気ない一言や軽率な行動によって、妻が悪女にかわる原因だそうです。

たぶん、妻の料理をダメだししたり、妻の家事を批判しまくる。

などちょっとした事で、妻のお怒りが最高潮に達するようです。

理不尽な妻がいても、男性のほうが黙っていると、反論しない・我慢強いと勘違いされてしまいます。

男性諸君が優しすぎるのか、弱すぎるのか、どちらでもかまいません。

なんと今は、夫の家事にいちいちダメ出しする「家事ハラ」まで話題になっています。

ブラック家族にならないためには方法があります。

結婚がゴールではないと女性が自覚してほしいです。

若い女性が陥りやすく、結婚した途端に、恐喝みたいな言葉遣いになる人がいます。

旦那は妻の言葉を最初から最後までしっかりきいてあげるのも大切です。

妻の逆鱗にふれる原因を摘むのも必要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です