原発危機!日本で自国育ちテロ(HGT)が出現する危険

「日本にも自国で単独テロに走る“潜在的テロリスト”が出現するかもしれません。」という衝撃的な記事が雑誌等で話題になっています。

そんなの記事は嘘に決まっている!?と日本人なら誰もが思うかもかもしれません。

しかし、社会構造や将来が見えない現実の中で多くの若者や中高年が過激テロ活動に走る可能性がないとはいえないと専門家は公言しています。

イスラム教スンニ派の過激組織「イスラム国」(以下、IS)が横行しているイラク・シリア地域は本当に恐いです。

恐怖を超えて死神の集団が世界にケンカを仕掛けているみたいです。

これに対して、アメリカを中心とした連合国による空爆が激しさを増しているけど、全く意味がないしISの活動に火を油を注いでいるだけです。

その証拠にISは、攻撃をしかけてくる欧米各国からも同士のメンバーを迎え入れて、世界中から多くの若者がやってきて、勢力拡大しているのが恐ろしいです。

白人やアジア人など人種や国籍に関わらずISの過激テロに加担する人間が増加している現実は受け入れがたいです。

日本を含めて、世界中の各国が恐れているのが「HGT」です。

ISの思想に敬服して、過激派組織のメンバーに所属していないのに、自国で単独テロ活動を行うテロリスト予備軍たちが出現するかもしれません。

かつてのオウム真理教のような宗教団体とは違って、マインドコントロールや教祖のような絶対君主は存在しません。

しかし、過激テロ集団の軍事知事や犯罪の知恵が充実しているので、アラブ諸国から
HGTの傾向が強い若者を囲い込める時代です。

インターネットや動画サイトで情報共有できる時代です。

アメリカの同盟国である日本でも、HGTによるテロ発生の可能性がないとは断言できません。

まず、テロの標的となる理由があることを日本国民は理解するべきです。

安倍首相は同盟国としてアメリカ中心の対テロ作戦を支持しているし、憲法9条の改憲しだいでは自衛隊は軍事行動に参加するかもしれません。

ムスリムではない日本の若者が、ISの思想へ傾倒してHGTとならないと即断するのは間違いです。

日本にも、未来が見えない現状に不満を持つ人は増えています。

日本では銃の入手が難しくても、テロ活動をやるなら自爆テロが恐いです。

トラックに爆弾を積んで標的に突っ込んだり、都心のど真ん中で銃刀法違反に該当する事例として刃物を振り回す、などやろうと思えば大量殺人に匹敵する被害になります。

細菌テロが恐いですよね。デング熱を拡散するようなテロもありえます。

過去に起きた大事件に照らせば、秋葉原で起きた無差別殺傷、冷凍食品に農薬を混入する食品テロも該当するのではないでしょうか?

一番怖いのは原発テロです。

人手不足ですから、作業員として働くふりをして潜入するのは容易です。

日本の若者がテロ行為に賛同する人間が増えないように対策が必要なのに、日本政府はどう対処するのか注目したいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です