お金が貯められる人と貯められない人の決定的な違いとは?

お金を貯めるには、「先に貯蓄をし、その残ったお金で生活する!」という教科書どおりの回答する人がいます。

キレイな理屈ですけど、コレを実践している人が幸せになれるでしょうか?

 知り合いや付き合う人間たちが重要になります。

お金持ちの方が集まってくる場所に通い詰めると、お金が増えるのはどうしてでしょうか?

思考回路がお金持ちに近づくからです。

彼らの口癖を真似ながら行動をお金持ちの人に近づく努力を惜しまないからです。

お金持ちの人達が口を揃えて言う言葉「節約する人に限って、お金持ちは存在しない」 です。

実はお金は他人に喜ばれるように使えば使うほどお金持ちになれます。

使ったお金がお友だちのお金を呼び寄せてくれるからです。

その結果、有益な情報や人間が寄って来ます。お金もドンドンやってきます。

コレは「節約」とは違います。

節約し続けるのと、お金持ちになるのは噛み合いません。

お金を貯めるのが目的なら、節約していても、所得を増やさないなら節約の意味がガダ落ちです。

つまり、「年収300万円以下で貯蓄できないのは仕方がない」という発想は危険です。

このような人間は、1000万円であっても貯蓄できないです。

収入を増やす努力をしたくない人は節約をして健気に生活して下さい。

一人暮らしで家賃や生活費や保険代など全部自分で出してて、年収300万以下でも、毎月天引きで3万ずつ貯蓄するのは悪くはないです。

しかし、収入の部分が少なすぎると、緊急出費の時はどう頑張ってもマイナスになります。

その日の生活していくことで精一杯です。

年収1000万もあるような人で貯蓄できない人は単なるバカですがね。

年収300万以下で貯蓄できない人は増えす方法をじっくり調査して、何かしらの副業を初めて副収入を増やす不思議ではないと思う。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です