熱中症予防の食事と食材の最新情報

夏バテ予防と熱中症予防の栄養補給は似ているようで実は違います

トンカツやうなぎ等を食べても即効性のある熱中症対策にはなりません。

スタミナアップが目的ならば、

ビタミンB群が多い豚肉・レバーなどは有効です。

しかし、夏バテ気味の胃腸の調子で脂身が多いものや消化吸収が悪い食事をすると、胃がもたれて長時間だるい感じになります。

できるだけ高タンパク低カロリーの食材を食べると、

夏バテ防止と同時に熱中症対策になります。

冷奴に鰹節、塩湯でした枝豆、とうもろこし等を召し上がるのは良いです。

ビタミン・ミネラルを摂取できて、タンパク質を多く取れるので理想的です。

これにご飯を食べて炭水化物を取ると、エネルギーになるから馬力が出ます。

熱中症予防で一番重要なのは水分と塩分を適度に吸収することです

のどが渇いてから水分補給するのは、もう遅いです。

喉の渇きを感じる前に十分な水分を体内に吸収しとくべきだと覚えておきましょう。

一気にがぶ飲みするより、こまめにまんべんなく水分補給するほうが良いです。

お茶やコーヒーが悪いわけではありませんが、

カフェイン配合の飲料は利尿作用があるので排出しやすいです。

塩分の摂り過ぎに注意しながら水分吸収力を高める方法として、

スポーツドリンクを3倍ほど水で薄めてのんだり、

電解質ミネラル配合の市販飲料を積極的に飲むのが最適です。

スポーツ飲料を家で薄めて飲むほうが経済的で調整できるので、

最近はかなり人気の熱中症予防で評判よい対策です。

夏場の果物はそのまま熱中症予防になるので、どんどん食べましょう。

旬の食材を食べるのは、その時期の身体に必要な栄養素です。

自然の恵みを味わいながら夏バテと熱中症に効果的だといえます。

スイカの果汁はミネラルと水分が豊富ですし、

体温調節や体調を整える作用を期待できます。

梨や桃なども同様でビタミンCや他も摂れるので最高です。

できれば無農薬で有機農法の夏の果物や野菜が理想的ですけど、

お財布の経済力と相談しなければなりません。

いずれにしても、

真夏の炎天下や猛暑の時の熱中症防止策は、水分補給が即効です。

食品と食材は低カロリー高たんぱく!を実践しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です