糖尿病・ガン予防効果!コーヒー飲むと生活習慣病を回避!

近年の調査結果で、コーヒーが一部のガンや糖尿病を抑制する効果があると話題沸騰です。

他の疾患、たとえば痛風やアルツハイマー病などに関しても予防効果を検証していて着々とデータを収集しています。

コーヒーを飲むのは健康に悪い!と昔はよく言われていました。

焙煎して黒く焦げたのが発がん性物質を発生しているとの憶測が流用されていました。

しかし現在では、コーヒーへの肯定的な評価が勝っています。

コーヒーには血管を拡張させたり眠気の抑制作用を有するカフェインや、

抗酸化作用が認められているポリフェノールの一種のクロロゲン酸など数百種類の化合物が含まれている。

まだ解明されていない未知の有効成分を含有しています。

カフェインはウィルスや細菌等の外的から細胞膜を保護する機能が大注目されています。

また、カフェインとクロロゲン酸は細胞のがん化を遅延したりストップする作用が注目されています。

申し上げるまでもないと思いますが、コーヒーの飲みすぎには注意しましょう。

胃酸が出過ぎると胃や他の内臓への負担が増すので飲みすぎ厳禁です。

くれぐれも、コーヒーさえ飲んでいればガンにならない!という過激な間違いをしないでください。

全ての癌に抑制数値がでたわけけど、肝臓がんや大腸がん、頭頸(けい)部ガン他で、

毎日適量のコーヒーを飲む人の方がコーヒーを全く飲まない人に比べ、

がんになりにくい研究結果が判明しています。斬新な結果に嬉しい限りです。

コーヒーを飲むと体内の中性脂肪を溶かしたり、便意や利尿作用が働いてトイレが近くります。

そのため、コーヒー飲むときには、お水による水分補給が必要です。

エチオピア原産のコーヒーが昔はイスラム教の秘薬として珍重されていて、

今では腸内洗浄や生活習慣病の予防対策に役立っているのを理解しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です