食肉偽装の中国でマクドナルドに客が殺到したワケ

中国の食品問題は昔から延々と暴露されていて、慣れてきているのが恐いです。

日本マクドナルドの衝撃会見で露呈した「使用期限切れ鶏肉問題」に揺れるなか、当の中国国内では問題の発覚後、なんと現地のマクドナルドに長蛇の列ができたという。いったいなぜ?

カサノバ社長は今回の問題について、「悪意の従業員が起こした特殊な事件」との見方を示したが、本当に異例と断言できるのだろうか?

中国に駐在中の友人に聞いたとき、「中国人は死ぬどころか、病気にもならないレベルの不衛生な状態なら、全く気にしない。」といっていました。

つまり、

中国の大手食品加工会社「上海福喜食品」が、使用期限切れの鶏肉を使用していた問題は日本に大きなショックを与えたかもしれませんが、現地では「なんで問題なの?」という始末です。

中国人は腐った肉を食べて食中毒にならないのかなぁ。少々腐った肉食べても胃腸が悪くならない体質が凄すぎる。

加工した肉が落ちたのを拾い上げて混ぜてる映像が全世界に配信されました。

「中国の食品管理が最悪」であるのを理解していましたけど、青カビがビッシリで腐っていた肉までも加工食品に使ってしまうとは愕然としました。

世界トップのファストフード企業を巻き込んだ食品衛生スキャンダルは、日米など各国に衝撃を与えている。

今回発覚した「使用期限切れ」や、「床に落とした肉を拾って使う」くらいでは、現地の中国人は誰も驚かないのが異常だと思います。

自国民の庶民の生活レベルや慣習を基本にして、輸出産業をしないでほしい。

お仕事として受けた以上は、受注先の国の価値観で対応してほしいです。

中国人は自己中心の国だと言い切りたくないし、利己の塊の国家だときけつけたくないです。

しかしながら、現地テレビ局で紹介された『これくらい食べたって死にはしない』という従業員の声は、本音でしょう。

また、面白いことに、中国のマクドナルドにお客が殺到しているのが不思議です。

当局の調査が入ったことで、『マクドナルドは100%本物の鶏肉や牛肉を使用していた』ことが証明されて、中国人たちに衝撃をあたえているようです。

意味が分からん(笑)

すごい国ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です