女子が嫌う夏のデートスポットを解説

夏のデートは注意が必要です。

相手の女子の好みをしっかり把握してデート計画をたてないと破局の末路になる可能性もあります。

女子にとって断りたくなるデートコースを紹介します。

 

炎天下で長時間並ぶ「テーマパーク」

「真夏の炎天下の中、ディズニーに行ってアトラクション待ちに2時間並びました。会話がなくなりました」「1時間半待って数分のアトラクションは疲れるだけ」等、

夏休みシーズンは厳重注意してください。

太陽が沈む夕方から夜のナイトチケットで入場するほうが楽しく過ごせます。

また、子連れのファミリー層が少ないから好いていると思われます。

 

有名な「花火大会」

「人混みと蒸し暑い夜半に移動でないし、観にくい場所なら最悪です」というように、花火大会も辛いだけのイベントになりやすいです。

花火が観える窓側の席を予約できるレストランや会場から遠くても花火を観える穴場スポットをネットで検索しておきましょう。

 

水着姿になりたくない「海水浴」

「スタイルを露出するからプールや海水浴は嫌い」という女子も少なからず存在します。

水着になりたくなくてもウェットスーツのスキューバダイビングならOKと言うかもしれません。

 

子どもが多い「映画館」

「夏休み中のちびっ子が暴れてうるさい最中に、落ち着いて映画を観れないから嫌」というように、家族で盛況の夏の映画館を避けましょう。

行くなら夕方以降にしましょう。昼間はやめておくほうが無難です。

いろいろなNGスポットが出てきましたが、事前準備や予約しておけば快適にデートを楽しめるはずです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です