寝苦しい熱帯夜も熟睡できる快眠テクニック

寝付けない熱帯夜はなかなか寝付けなくて辛いですよね。

しかしながら冷房のつけっぱなしで体調不良になってしまうから困ります。

睡眠不足は明らかに夏バテの原因になります。

蒸し暑い夏の夜をできるだけ快適に過ごすために、簡単に気持ちよく眠れる快眠テクニックをマスターしましょう。

 

涼しく眠れる寝具選びのコツ

広く市販されている綿のシーツは、汗や空気中の水分を吸収して湿気を含んでしまい、夜中に寝苦しくなって不快さの余りに目が覚めてしまうことが度々あります。

シーツの素材をかえるだけでかなり睡眠の質が違ってきます。

例えば綿から麻に変えるだけでも、かなり快適に深く寝れます。

また、冷却シーツは一押しです。寒くなるほど冷たくならないから寝心地が良くなります。あなた好みの寝心地の商品を探すのは面白いですよ。

また、敷布団の上に竹シーツやござを敷くのも良いです。

布団との間にすき間ができて風通しがよくなるため、体感温度をぐっと下げることができます。

 

冷やしすぎずに上手に室温調節

エアコンは途中で止めると再び室温が上がって、夜中に寝ながら熱中症になる人がいました。

必ずしもエアコンをとめるのが正しいとは言えませんん。

家の建物の構造や、環境によっても違います。

「エアコンを止める」は必ずしも正しくない。最新のエアコンなら、特に止める必要無く設定できる。

一方で、真夏になると、エアコンなしでは眠れないような熱帯夜が続くことがあるため、一晩じゅうエアコンをかけっぱなしにすると、風邪など体調不調になる人もいます。

そのような人は就寝時にタイマー機能を活用しましょう。

また、体感温度には、室温の他に湿度も大きく影響します。

ドライ機能などを活用して、湿度が60%前後になるように調整するのがベストかもしれませn。

適切な湿度であれば、寝苦しさはあまり感じないものです。

 

エアコン使わずに快適に眠る方法

エアコン使いながら寝ると夏バテになる人や、電気代を節約したい!節電したい人がいるのと思います。

氷枕や水枕を準備してください。頭部を冷やしてあげるだけで驚くほど快適に眠れます。

頭は体の深部体温を下げて全身をクールダウンさせる効果があって、快適に眠りに入ることができるはずです。

扇風機を使用するときは、風が身体に接体にあたらないように注意しましょう。足元からやや離れた場所に扇風機を置き、風量は「弱」にして首振り設定にしておきます。

さらに体に負担がかからないのが、扇風機を体とは逆の壁側に向ける方法です。このときも設定は首振りモードで。壁にあたった風が室内の空気をかきまわし、暑さを優しくやわらげてくれます。

夏の体力低下を防ぐためにも、睡眠をきちんととることはとても大切です。寝苦しい夜でも快適に過ごす工夫で、スッキリとした目覚めを迎えたいですね。

 




新発想の『快眠サポート飲料』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です