男性ドン引き下品な見せ過ぎセクシーファッション

セクシーさをアピールしたい女性が、何を血迷ったのか、男性がドン引きの着こなしには困ります。

チラリズムはOKだけど、女子としてはセクシー路線を主張しているつもりでも、やり過ぎファッションは下品な女性にしかみえません。

一夜の恋を狙っているのではあれば効果あっても、露出しすぎると良い恋愛相手が見つかるチャンスを逃す結果になりそうです。

男性が恋人として好まないやり過ぎファッションを検証してみます。
ワキの見せ方

ワキの露出に注目していますか?

わき見せファッションはエロを感じさせるテクニックかもしれません。

これが悪いわけではなくて、大切なのはワキが空きすぎてもブラが見えないようにしましょう。

脇がパックリあいたときにどうなっているのか全身を映し出す鏡でチャックしてください。

電話のつり革を握っているときに、ブラジャーの具合や線がちらほら見えるだけで、男性ならドキドキする人もいますけど、やり過ぎファッションで男性を不快にさせる場合が多いことも理解してください。

男性なら交通機関で痴漢の冤罪に巻き込まれたくないから、ワキ見せ状態の満員電車では近寄りたくないはずです。

男性を変に誘惑するファッションセンスは場合によっては、刑事罰に該当すると思うときもあります。
開き過ぎ!胸元の空き具合

シャツのボタンが通常よりひとつ多めに外れているなら、男性でもやりそうなチラ見せテクとしてセクシーの領域です。

デコルテラインから鎖骨ラインまでが美しくみえるニットやカットソーなら大丈夫です。

しかし、前かがみになって乳首がみえないけど、上乳が丸々見えるような服装は完全にアウトです。

「頭が可笑しい気違い女」だと自らがアピールしているようなもので、まともな男性なら警戒します。
太もも

脚フェチの男性には太ももラインが重要です。

一時期の韓流アイドルが独占していた市場で美脚ラインの見せ方を雑誌で特集していたほどです。

最近の困った勘違い女子のなかには、「脚を露出しすぎ」を飛び越えて、「下尻を見せすぎ」と申し上げるほうが正しいです。

脚の長さを協調するために厚底靴を履くのはもう普通のファッションに定着していますね。

けど、スカートやパンツがミニ過ぎるというより履いていないように見せるような服装が気に入りません。

下着に近いパンツに裾が長いシャツを羽織って、さもズボンを履いていないような錯覚を与えるファッションは絶対に変ですね。

自分の彼女が下尻みせているなら、男性なら怒るはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です