若作り女性の失敗事例の激生トーク!40歳過ぎのニーハイ等

お肌や肉体の若作りと言えばアンチエイジングすればあまり問題になりません。

しかし、ファッションセンスとなると話が変わってきます。

どうみても痛すぎる若者気取りを頑張りすぎて違和感を拭えない人を目撃することがあります。

そこでアンケート調査をして、イタ過ぎると感じた瞬間をまとめてみました。

「40歳すぎてのニーハイ」はいいのでしょうか?セルライトたっぷりの脚を見せられると辛くなります。

50歳前後の方がショートパンツをはいてナマ足を目撃すると、年齢を隠せないのがバレバレでした。

足を引き締めてむくみや皮下脂肪を取って、潤い感とみずみずしい素肌をみせてほしいです。

よっぽど足に自信がある人なのかも。キレイなら問題ないと思います。

ミニスカートの年齢制限は決まっていないけど、似合っていれば良いでしょう。

例えば、森高千里なら今でもミニスカもニーハイもお似合いだから、実年齢に関係なく問題ないです。

一方で若くてもミニスカもニーハイも全然似合わない残念な女性もたくさんいます。

年齢云々を討論するよりも、着たい服装と似合う服装が合致する人は少ないかもしれません。

30代後半で美人顔だったけど、バッシバシのつけまをしていた。

つけまを装着しすぎが原因なのか、化粧落とした時に、目の周りがひどい状態でした。

ドロドロに溶けたようなお肌になっていて驚きました。

つけまつげを付けたときの目のまわりが、ひどい乾燥肌でパッサパサに…………。

もともとは美人さんなのだから、まつげよりスキンケアをもっと優先するほうが良いと思いました。

コラーゲンやヒアルロン酸配合のスキンローションや美容液を使用してほしいですね。

小文字多用の話し言葉の文章は、脳みそが足りないとしか思えません。

これは年齢に関係なく10代でも見ていてイタいと言うより知能指数が足りないと思われて損しています。

小文字多用の読み疲れる文章を平気で使っている20代以降を、男性はかわいいと思う人は相当の変わり者です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です