プロサッカー選手が試合中に唾を吐く理由を徹底解説

2014W杯ではドイツが優勝して終わりました。

白熱した超一流プレーを観れて大満足しました。

ブラジルワールドカップのMVPは、アルゼンチン代表のメッシが受賞しました。

クローゼら率いるドイツに敗北して準優勝だったので、笑顔はなくて沈んだ様子が印象に残りました。

ところで、試合中にピッチ上で唾を吐き出す選手の行動が「マナー違反!」「見苦しい」などと良く思わない風潮があるようです。

確かに試合にペッペッと吐き散らしている光景は汚らしく見えるかもしれません。

しかしながら、この行為には列記として理由があるという。

サッカー選手はフィールドを駆け巡るスポーツです。

サッカー選手はずっとピッチで動いてるから喉がイガイガするのは仕方ないです。

最短でも45分、野球や他のスポーツとは違って集中力と運動量が半端ないです。
給水でも飲むより吐き出す方が多い

サッカー経験者から言わせてもらうと、唾は吐きたくなります。

でも個人的には我慢していました。

汚らしく見えるし、格好つけてると後ろ指を差されるのが嫌だったからです。

しかし、プロとなると話は違います。

でもプロは無理でしょ
うちらアマチュアとは運動量がまるで違うし重圧やら責任感やらのストレスで思わず吐きたくなるのも仕方ないと思います。

また、心理学では、唾をはくことでストレス解消につながるそうです。

衛生上・マナーの問題から考察すると「プレー場に唾を吐く行為」を容認するのは難しいのはもっともです。

それならば肉体的・精神的な負担を軽減する目的に行動だと一般化するなら、全世界で認められる日が近いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です