愛より金?既婚女性が結婚後の本音を暴露

独身時代と結婚後ではお金と愛の考え方が変わるかもしれません。

結婚には「お金より愛!」だと思っていても、いざ結婚してみると、貧乏だとイライラしたり生活苦でつらくてこんなはずではなかった…と泣き言をよく聞きますよね。

本当なのでしょうか?そこで今回は、既婚女性に「結婚後の愛とお金の本音」を調査してみました。

質問内容は結婚してから、結婚には「愛」より「経済力」だと思ったことってある?

「ない」が半数以上という結果ですけど、約4割の女性が「経済力が必要」と回答しています。

その理由を徹底調査してみました。
食費の節約がつらい

・「外食なんか一切できない。好きなものと食べられない。お財布と相談して切り詰めながら食料品毎月節約をして、食べるものも考えながらしなければいけないこと。」(28歳/医療・福祉)

・「稼ぎが少ないとタイムセールや半額セールになる夕方まで待つ必要があるから面倒くさいし買い物が大変。とがないとその日の食べるものをいつも半額になるのを待っていないといけないのが大変」(31歳/事務職)

・「食事代を節約するとひもじい思いがして生きがいがない。」

節約生活でまず最初に切り詰めるのが食事代です。

選択肢が少ないのは辛いですね。おいしいご飯をたべたいだけ食べましょう。

 

将来の養育費・住まい等

・「出産したら仕事を辞めて育児に専念したかったけど、自分の稼ぎがなくなると将来の不安が消えないから育児休暇をとって早々に復帰したいと思います。」(32歳/医療福祉/専門職)

・「子どもの学費や住まいのことを考えると、愛だの恋だの薄っぺいことで盛り上がる余裕がない。経済力がないとライフスタイルが貧乏になって円満な家庭は築けないと核心した気がした」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

結婚生活がはじまると、住まいや両親の接し方など、独身の頃と違って理想だけでは対処できない現実が待ち受けています。

しかも、それにはお金が絡むケースが多いのが難点です。

 

夫婦喧嘩の原因

 

・「お金がないとイライラと不安で大好きだったの主人に八つ当たりしてしまった」(25歳/金融/営業職)

・「愛があってもお金がなければケンカになる。お金があれば、ケンカにならないのにと思うことは多々ある」(27歳/自営業)

・「お金がないと、なにかと揉めごとの原因になる。お金がないと、愛の力は発揮できない」(34歳/精密機器/事務系専門職)

夫婦ケンカの最大の原因と言われているのが「お金」です。

性格の不一致とか言いますけど根本原因はお金のトラブルです。

金銭的余裕があれば、ケンカを回避できると思うと、結婚において重要なポイントです。

もちろん結婚に「愛」は必要ですが、それだけでは生活を続けるのが難しいのも本当のところみたい。とはいえ、今は共働きの時代! 女性たち自立して、結婚後も男性だけに頼ることなく一緒に稼いでお互いを支えあいながら、安心できる生活をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です