犬猫が食べると命を落とす危険な食品を徹底検証

人間は平気でも、犬や猫に食べさせると命を落としたり、手術をしなければならない恐ろしい食べ物があります。

知らないでは済まされない最悪な結果を免れるために、飼い主は正しい知識と正しい行いをしましょう。
■タマネギ他のネギ類

「犬や猫にタマネギを食べさせてはいけない」という話は誰もが一度は聞いたことがあるほど有名です。

実はタマネギだけではありません。

長ネギ、ニラ、らっきょう、みょうが等の全てのネギ類も一切与えてはいけません。

また、タマネギを食べなくても、タマネギのだし汁やエキスがしみ込んでいる野菜スープや肉じゃが、ハンバーグ等も禁止なのはあまり知られていません。

人間には血液をサラサラにしたり腸内異常発酵を回避してくれたり良い作用を享受できますが、犬とネコは違います。

ネギ関連には血液中の赤血球を壊す成分が作用するため、貧血や血尿の危険があるのを覚えておきましょう。
■カカオ類

人間がチョコを食べて気分が落ち着くのですが、犬猫では精神安定を飛び越えて悪影響です。

チョコやチョコ菓子に含まれるカカオ類は、中枢神経を刺激するので不整脈、嘔吐、けいれんや心筋梗塞を起こす危険度が跳ね上がります。

ミルクチョコより、苦味が強いビターが効いたチョコレートは避けるほうが無難です。

たまに、板チョコを食べさせているのをみるけど、見かけたら注意喚起して教えてあげましょう。
■鎮痛剤

薬物中毒のリスクが非常に高くなるので絶対に口に入らないように管理しましょう。

頭痛薬や風邪薬に含まれる鎮痛剤は、人間の体格に最適に効くように作られているのだから、犬や猫の体型には最悪な効き目になります。

小さい錠剤になると、カリカリのエサと見分けがつかないし、嗅覚に優れている犬であっても、特殊なコーティングで包まれているとニオイが拡散しにくいと考えられます。

人間用の1錠が、イヌネコにとっては数十倍に相当する薬剤効果だと考えられます。

誤って飲んでしまうと、胃腸障害や肝機能障害などの内臓疾患意に陥る可能性があるので注意してください。
■海産物やミネラルウォーター

煮干しや鰹節は猫の好物だから与えても良いかと思っていました。あまりよくないそうです。

ミネラルウォーターは水道水より良いというイメージもあるけどやばいみたい・・・

これらを食べ続けることにより、膀胱結石を作りやすいのを知りませんでした。

犬は比較的水を飲む動物なので尿が濃縮することも少ないですが、猫は水をあまり飲まないので、リスクは犬よりも高くなります。
■種を含んだ食べ物

種は消化できないので腸閉塞を引き起こすリスクがあります。

これは猫には少なく、犬に多い事故の理由として、猫と違って拾い食いの事故が起きやすいからです。

腸閉塞を引き起すと、種を取り出すために手術が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です