カネボウ美白化粧品の自主回収!評判と秘密暴露

花王の子会社のカネボウ化粧品は、一部の美白製品で、使用時に肌がまだらに白くなる事が確認されて54製品を自主回収との発表でした。

コレを聞いたときに医薬部外品だからといって安心できないと悟りました。

薬事法の認可をもらって製造販売中の商品でありながら、肌トラブルを誘発した事例を引き起こしたカネボウの企業イメージは大打撃をうけて当然です。

今後の美容分野で一企業として生き残れる保証がないと感じています。

そもそも以前から、まだら美白化粧品の被害症例がたびたび報告されていたそうです。

2011年からお客様窓口のコールセンターにまだらに白くなるとの相談事を受けていたそうです。

それにもかかわらず、お客様の体質などを理由にして検証・調査をしたとしても、適当に対処して穏便に済ませようとしていたそうです。

大企業の体質なのでしょう。サービス精神が明らかに低い水準だと思ってしまいます。

苦情を速やかに解消したい気持ちは分からないわけではないが、

商品の改善するヒントを頂戴した!という謙虚な姿勢と

顧客満足度UPという極めて基本的なおもてなし精神を実践してほしいです。

一方でカネボウの説明によると、

独自開発した美白有効成分「ロドデノール」は厚生労働省監督の治験を経て認可を取得していた事と、

発売前後にモニターや利用者アンケート等で肌荒れがないか綿密にチャックしていたと主張しています。

正直申し上げて、残念ながら言い訳にしか聞こえません。

たしかに、万人に効果がある化粧品は存在しないのは理解できます。

無添加と言えども何かしらの化学物質を使用しています。

自己責任の原則のうえで厳選する必要があるし、

ちょっとでも違和感を感じるならば即日使用をやめるべきです。

しかし、今回のカネボウ化粧品の不祥事は被害報告を自らの判断で問題解決を先延ばしたことです。

隠蔽と先延ばしの体質は大企業に有りがちな特徴だと感じています。

今回は、企業に無関係の皮膚科医師が暴露したのでリコールまでに進展しました。

カネボウのCM枠が激減したり株価がストップ安になるほど失墜する可能性が高いです。 また、経営が厳しくなるんら、新卒採用や中途採用の枠が減るのは必至です。

コフレドールやブランシールなど人気商品があるし、

復活するなら顧客満足度をあげる意識を徹底化してほしいです

▼カネボウ化粧品が自主回収を決めた美白化粧品

・インプレス IC ホワイトローション、

・トワニー エスティチュードホワイト ローション、

・カネボウブランシール スペリア ホワイトディープ クリアコンディショナー、

・suisai、

・ホワイトニングエッセンス、

・リサージ ホワイト スキンメインテナイザー、

・RMK インテンシブ ブライトニング エッセンス、

・SUQQU ホワイトニング リペア エッセンス、

・アクアリーフ MCTホワイトニングエッセンス

以上をご使用中の方はお客様相談センター(0120-137-411)に連絡してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です