悪質な介護施設を見分ける秘密を暴露!両親を守ろう

介護施設での虐待や悪質な疑いがある介護施設の増加がニュースになっています。

共働きや核家族化によって、自宅介護が困難な時代背景を反映して介護サービスの充実が必要に迫られている昨今では、とても重要な施設になります。

しかしながら、自分の大切な両親や身内が、介護施設で秘密裏のうちに虐待やいじめられて、認知症状が悪化していたり、生存権を脅かすような辛い生活を強いられていたり、極悪な環境に耐えられなくて自殺する事件も発生しています。

大切な家族を守るために貴方は何をしていますか?

まず最初に取り組んで欲しい事として、悪質な介護施設の見分け方のポイントを紹介するのでしっかり把握してください。

入居者の口数が激減/食欲減退

入居者された人の口数が以前より激減しているならば、院内で無視やしゃべると怒られている場合や恐怖と不安に陥っている可能性があります。

また、急な体重減少や食欲が減る、などのさまざまな症状が見て分かる場合は精神的に不安定な状態から身体に悪影響をあたえている証拠です。

必ず確認しましょう。

万が一、虐待を受けている可能性を否定できない場合はあるので、傷や皮膚にあざがないかも絶対に確認しましょう。

 

介護スタッフに質問しても返答しない

施設内の介護スタッフの中にはトラブルメーカーがいます。

問題の人に質問をしても、無視や誠心誠意な返答が一切してくれない場合は最悪です。

また、自分の母親や父親の事を話しても、聞く耳を持たないで逃げ出そうとする人は完全にNGです。

例えば、「最近、母親がちょっと元気がないし痩せたと思うのですが、何か対策は?」という質問に対し、バツが悪そうな態度や対処法を話さないで黙ってしまう場合は注意しましょう。

■スタッフの就業と退職が激しい

介護施設での仕事はきつい・きたない・つらいの代表ですから、スタッフが3ヶ月間で退社するケースが多いです。

スタッフの入れ替えは仕方がないとしても、常勤しているリーダー格の正社員スタッフが万が一不在の施設であれば、健全な介護サービスを提供dけいないと判断して構いません。

 

入居者がスタッフを嫌悪

たとえ認知症の両親であっても、世話をしてくれる担当スタッフを嫌っているならば、虐待や目視できない嫌がらせされている可能性が十分に考えられます。

 

入居者が脱水症状に!

高齢者は代謝や体温調節機能が衰えて脱水症状になりやすい傾向を持っています。

介護施設では、入居者が脱水にならないように細心の注意を払っています。

つまり、入居者が脱水症状と同じ症状を検知するなら、確実に介護を怠っている証拠です。

また、脱水症と栄養失調は連動しているため、両方の疑いを調べましょう。

以上となります。

悪意に満ちた介護施設は減少傾向にむかっていると信じたいのですが、なかなか理想どおりにはいきません。

訪問時間をバラバラにして、予約もしないでフラッと立ち寄って、きちんと介護の仕事をしているのか否かをチェックするのと同時にスタッフにプレッシャーを与える効果は絶大です。

老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です