接骨院と整骨院の違いと良い医院の選び方

「接骨院」と「整骨院」の違いが分かりますか?

いったい何をしてくれる施設なのか?イマイチ分かりにくいです。

たった一文字の違いだけで意味合いが全く違う事実!!

 

「整骨院」の名称は違法!?

まず、接骨院とはどういう位置付けなのか?

「柔道整復師法」という法律で法令法規が規定されています。

つまり、国家資格の柔整師取得者が施術を行う施設をいいます。

治療の目的は原因のはっきりした、主に急性のけがで、医療保険が適用されます。

そして最大のポイントは、柔整師の資格取得者が開設できる施設所の名称は、限定されています。

法律上は『柔道整復』『接骨』『ほねつぎ』の3つだけです。

ということは、「整骨院」の名称は違法になるのでは!?

「整骨院」という名称は、柔道整復師法第24条(広告の制限)から鑑みて、違法です。

しかし、世間で認知が拡散してしまったので「法には抵触するが、慣例上容認の域に達している」という何とも曖昧です。

ただし、完全に法律違反になるのが、施術内容は整体なのに医療行為を装うために『整骨院』を名乗っているところも施設がかなり多くて逮捕する事案になります。

そもそも整体は、肩こり・慢性的な痛み・マッサージなどで保険適用外となり実費請求です。

整体院の開業はカイロプラクティックやリフレクソロジーなどと同様、資格は不要です。

手技と補助具にて行う医業類似行為の一種であって、保険治療は不可です。

 

良心的な治療院の見分け方

最初に料金を聞く

料金に違和感がある接骨院は、保険適用外のオプションを無断で追加されている可能性が高いので注意しましょう。

悪徳の柔整師がいるのは事実ですけど、大半の熟練の柔整師はケガの具合を検診するば保険適用とそれ以外の必要性を判断して、料金の目安を話してくれます。

あるいは、治療の最初にけがの状況説明をして、矢継ぎ早に料金を質問するのも良いかもしれません。

まともな接骨院なら、料金を聞かれても親切に即答してくれるはずです。

治療目的に応じて施術を選択

脱臼、骨折、ねんざ、打撲など、骨・筋肉・関節の負傷の施術は「接骨院」「骨接ぎ」が最適です。

整骨院であれば、保険適用の有無と資格取得の内容を確認しましょう。

また、能力と実力者の人がいますので、ケガの負傷でないなら、整体やカイロでもいいでしょう。

「鍼灸接骨院」は完全に違法

法律上、「鍼灸」と「接骨院」は資格や治療方法などが違うのでハッキリと選別します。

素人だから知りませんした。街中でよくみかけるけど、営業できるのが不思議です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です