別れ離婚の原因が砂糖!アドレナリン分泌で喧嘩激化

夫や彼氏と喧嘩が耐えないようなら、破局する前に知らないと大損するかもれないです。

“性格のの不一致”よりも、“糖分の摂り過ぎ”がケンカの原因に直結しているのを理解しましょう。

実は「甘党ほど、人間関係でケンカが耐えない」という驚きの実験結果があるそうです。

甘味が男女関係を破壊に導く悪魔なのでしょうか!

結婚生活が破綻する原因の50~70%は、甘味の食べすぎと断言しているからビックリしました。

なんと、甘いものをしょっちゅう食べている人ほど短気で怒りっぽく、やたらとケンカをふっかけて人と衝突しがちなのだそうです。

ではなぜ甘党の人は怒りっぽくなるのでしょうか?

その原因はアドレナリンにあります。

欲求不満や緊張を感じると、血液中のアドレナリンの分泌が多くなります。

アドレナリンは血液の糖分をエネルギーとして消費してしまうので、イライラしたときほど糖分が欲しくなってしまうのです。

つまり、イライラを沈めるためにはアドレナリンの分泌をおさえなくてはません。

そのためには、アドレナリンの栄養となる糖分を減らす必要があります。

どうしてもイライラして、甘いスイーツを食べている間は気分が冷静で落ち着きますが、食べ終わればアドレナリンは糖分を摂取してさらに増えるわけですから、結局さらにイライラが増してしまうというわけなのです。

精神が穏やかでない時は甘い物を取るのはやめましょう。

次第にと気分が落ち着いてきて、イライラも次第におさまります。

これは夫婦関係や恋人関係だけに留まらず、あらゆる人間関係においていえることです。怒りっぽかったりいつもイライラしている人って、実はかなりの甘党だったりしませんか?

最近イライラしがちだったり、怒ってばかりの人はちょっと危険です。

大切な人間関係を壊さないためにも、甘いものをセーブするよう心がけてみましょう!

 

酵素ドリンクでダイエット【ベジデーツ】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です