衣替え正しい方法!夏服・冬服の収納方法の秘密

衣替えの季節が到来しました!

夏服と冬服の入れ替える方法があるのを知らない人が多いです。

衣替えすると、まだ着られると思う服を収納してしまったり、夏服と冬服が混ざってゴチャゴチャしている。

収納していた服を取り出したら、虫食いや黄ばんでいて泣きたくなった経験があるかもしれません。

そこで衣替えでありがちな間違いの傾向と、その対策をまとめてみました。

今回は冬服から夏服への入れ替えを例にしますが、逆でも同じ理屈です。

夏の爽やかな服を出して、冬服はクリーニングなどできれいにして収納し、さっぱりしたいですね。

そこで衣替えでありがちな間違いの傾向と、その対策をまとめてみました。

 

一日で終らすのは×

衣替えは意外と重労働です。

これを一度に終らそうとすると、めんどくさくなって挫折する人が大半です。

ダウンジャケットやコート、靴下や下着など、全てを入れ替えようとすると混乱しやすくでたらめになった経験ありませんか?

部屋中が衣服でごったがえして整理整頓する意欲がなくなってしまって精度が落ちます。」

最初にやることは、アンダーシャツ、靴下、シャツなど仕分けして、ターゲットを絞って入れ替え作業をしましょう。

季節の変化に応じて、微調整もしやすくモチベーション低下を抑えるメリットがあります。

無理や焦りは禁物です。

 

汚れたまま収納⇒×

「1回だけ着ただけだから汚れていない。洗わないで収納しても大丈夫だろう」と考えている人は要注意です。

見た目がきれいでも、皮脂を吸収しているから汚れています。

洗濯しないで放置してしまうと、ニオイや黄ばみと虫食い被害の原因に直結します。

ブランド物や大切な服はきちんとクリーニング店を利用して、必ずキレイにしてから収納しましょう。

洗ってから収納です。

 

クリーニング袋を外さず収納⇒×

クリーニングのお店から届けられた服は、ビニール袋に入っているのが通例です。

このビニール袋を取り外さないで収納するのは最悪です。

ビニール袋にいれた状態だと通気性が悪く、洗剤の香りが残存していてほのかな香りが残ってします。

スチームアイロンでシワをとったのは良いのですが、湿度がこもってカビ発生の原因になります。

ですから、このビニールは必ず外しましょう。

市販の衣類カバーならば通気性よくて収納場所を最小限に節約できる機能性に優れています。

 

防虫剤を最初に投入は×

防虫剤を収納箱の一番下に置くのは間違いです。

防虫成分は空気より重いので、洋服の上に置かないと意味がないです。

また、一種類に統一するほうがよいです。

メーカーごとに成分分析が違う見解で製品化した商品を混ぜると、黄ばみの原因になるとも言われています。

以上、 ぜひ正しい収納を実践しましょう。

 

柔軟剤入りフレグランス洗剤☆ミューラグジャス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です