離婚に直結する妻への夫の不満ランキング

婚活に奔走していた女性が結婚後、油断しているのは危険です。

結婚したから、人生ばら色で安泰だぁ!と思い込むのは間違いです。結婚はゴールではなくてスタートにすぎません。

結婚前の恋人のころの新鮮な気持ちをメンテナンスする努力が必要です。

同じ家で一緒に暮らしていれば、不快な点を指摘して矯正したくなるとケンカになります。

もちろん、お互いに許し合うのは必要ですが、、結婚したって夫の目は厳しく光っていることをお忘れなく!

そこで、夫が妻に対してどのような不満を持っているか、ランキング上位だけを厳選しました。

■感謝を表現しない

断トツの1位は、妻が感謝しなくなった。

妻が旦那に対して、尊敬しなくなった態度や言葉が、夫にとって最大級の苦痛です。

仕事で疲れて帰宅してから妻の小言が連発されると、夫の立場だと疲れるかもしれません。

妻の立場になると何か言いたいことがあるかもしれませんが・・・

今回は旦那さんの肩を持つ企画なので男性を優遇する筋道にしますね(笑)

世の奥様方は、帰宅した夫にねぎらいと感謝の気持ちをとりあえず伝えてあげてください。

単純な生き物の男性は、これだけでリラックスできて明日からバリバリ働く気合がみなぎってきます。

■一緒に外出が激減

結婚後に一緒に出かける機会が激減して悲しんでいる男子が多いです。

生活費が足りないから外食やテーマパークにいきたくないという主婦が多いです。

女性のほうが外出を率先するかと思いきや、逆のパターンが増えているのが最近の傾向です。

子どもを両親に預けて、たまには二人だけで外食や出かけましょう。

■旦那より子どもに愛情を注ぐ

母性本能が働くので子どもには勝てません。

そんなことは承知の上で、夫はただただ寂しいだけです。

よき母親でいてくれるなら、夫婦関係をよくするためにせめて会話する時間を確保しましょう。

子育ては時間とエネルギーを消費して大変です。その上、旦那にもとなると辛いと思うなら離婚の兆候かもしれません。

お互いに不満があるのは仕方ないです。置かれている立場や責任が違う側面があるから、相手の欠点を指摘したくなるかもしれません。

お互いに不満をぶつけるより、自分自身を振り返って、感謝やありがとうを素直に言い合う関係を意識するのが大切です。

相手を変える前に自分を変えるほうが楽ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です