働く女性は職場より自宅でストレス溜まる理由は?

自宅に帰宅すると落ち着くと発言している人もいれば、全く逆でストレスがたまる人もいます。

誰もが自宅でくつろげると断言するの乱暴で、家に帰るのは寝

「うちに帰ってくるとほっとする…」と言いたいところだが、仕事を持つ人たちにとっては、必ずしもそうは言い切れないようだ。

ストレスを感じるとコルチゾールの数値が高くなるので、唾液のサンプルで算出します。

性別や学歴や仕事にかかわらず、被験者に対して徹底して検査したら、大多数が自宅にいるときのほうがコルチゾールの数値が高くてストレスにさらされている事実が判明しました。

え~!家でくつろげるのは幻想なのでしょうか?

もちろん、個人差があるのは明らかで、家でないと寝れない人もいます。

しかし、高収入や学者や経営者など一線で活躍している人でもサラリーマンでも自宅にいると緊張感が増す理由は、個人によって違いがあります。

女性の社会進出が活気になっている昨今では、女子の管理職は当たり前になっています。

会社で働いて、自宅で家事をするライフスタイルは女性にとっては辛いかもあり楽しさも感じる。

専業主婦に関してはストレスをどんどん溜め込んでいるので健康管理に注意してほしいです。

気分転換やストレス解消をしないと胃潰瘍や重度の貧血や肌荒れなど、不快な症状に悩む運命になる可能性があります。

ストレスたまるなら自宅にいないほうが賢明なのかもしれません。

ホームレスの方々はまさに自由人をたのしんでいるようで、別の問題を抱えています。

 

家事代行ならエニタイムズ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です