転職35歳迄は本当?40代で失業後の就職できるの?



 

世間一般では、転職は35歳までと言われていますけど本当でしょうか?

万が一、45歳以上でリストラになったらどうなるのか?

転職斡旋会社、ハローワークや派遣会社にその真相を質問してみました。

まず派遣会社の求人掲載サイトで疑問があります。

「40代が活躍」というバナーはラベルを貼っている会社は、40代の求人募集をしていないという衝撃の事実をしらない人が多いです。

この文言は40代の派遣社員を募集中だと勘違いしやすいのでやめてほしいとの意見も多いそうです。

字の通り、会社内で40代の比率が多くて頑張っているという意味です。

必ずしも、40代の派遣が採用されないわけではなくて、経験値と高いスキルがあるなら採用される可能性はあります。

特にプログラマーやWEBデザイナーのような専門職の場合は、それに該当します。

転職活動に関しては、より専門性の経験と実績が要求されます。

10年以上の景気後退や就職氷河期の雇用状況下では、管理職を担う優秀な人材が少なかったです。

IT業などでは経験値が高い管理者を必死で探してる案件があります。

雇用条件に合致するなら転職できる可能性はとても高いです。

会社員として再就職できる人は、何かしらの専門分野に秀でた人です。

他人よりも秀でた得意分野の管理職ポストがあるななら本当に運が良いです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です