ストレス減らす方法!副交感神経を作用するリラックス術

季節の変わり目になると体調が悪くなる人は環境の変化に順応する力が弱いです。

この時期は、気温や気候の変化で、対応力がついていけない人にとっては、通常よりストレスがたまりやすい時期になるでしょう。

ストレス過多になると、体内では交感神経が活性化し過ぎてしまって、不眠や便秘など様々な不調の原因になります。

大切なのは体と精神をリラックスさせる副交感神経を働かせることです。

まずは、ストレスと密接な関係の交換神経を、刺激してしまう習慣を検討します。

 

冷たい食べ物

冷たいものといえば、かき氷・アイスクリーム・コカコーラなどの清涼飲料水を摂取すると、胃が冷えて交換神経がどんどん活発になります。

その一方で温かいドリンクを飲むとホッと和んだ経験はありませんか?

このように神経の緊張が緩和する瞬間を体感できるのは、副交感神経が働くからです。

ただし、熱すぎると逆効果で交感神経が強く働いてしまうので、最適なのは体温程度のぬるま湯です。

真夏にキンキンに冷え切ったビールを胃袋に流し込むのが好きな人は注意してください。

内臓へのダメージが大きいですから適度に冷えた飲み物にしましょう。

 

早食い

食事をすると副交感神経が働いて消化吸収してくれます。

しかし、早食いは交感神経を活性化してしまって胃が悲鳴を上げている可能性が高いです。

大食い選手権で勝ち上がる人たちは、特殊な内臓をもっているので別次元だと考えて、一般人は大食いも早食いもダメです。

大食いの人は早食いであるのは事実であって、真似してはダメです。

問題なのは咀嚼が足りないのが原因であって、食べ物をよく噛んで食べると唾液腺が刺激されて、唾液がたっぷり出ます。

しっかり噛んで唾液腺を刺激することで副交感神経がきちんと働き、消化吸収を滑らかに行ってくれます。

 

電話しながら歩行

歩くのは健康管理するうえで非常にいいのです。

しかし、電話を通話や携帯を見ながら歩くとバランス感覚が鈍るそうです。

均等なリズムは自律神経のバランスを整えてくれるのですが、携帯を見て歩くことでバランスが乱れ、交感神経が優位になりやすくなります。

 

息を吸う

ため息と深呼吸。同じ呼吸でも働きがちょっと違うものなのをご存知でしょうか?

息を吐く行為が、実は副交感神経が働かせてくれるのです。リラックするために“ため息”はおススメです。

吸うよりも吐くほうがリラックスできるのを覚えておきましょう。

この方法が副交感神経を働かせるのにもっとも簡単な方法だと思います。

 

ヨガ専門店ヨガピース


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です