ガンダムビルドファイターズ!松井怜奈がガンプラ好き

ガンダム最新作『ガンダムビルドファイターズ』が2013年10月からテレビ東京系で放映開始すると発表をきいて、ファンは大喜びしています。

ダイバーシティ東京のガンダムフロントで新作映像発表会にいきたかったです。

スペシャルトークセッションも開催されて、SKE48の松井怜奈さんがスピーチしました。

好きなシリーズはガンダムSEEDとガンダムSEED DESTINYとで、好きなMSはストライクルージュとディアッカが乗っていたバスター(ガンダム)だそうです。

熱狂的なファンだと感じられるコメントで驚きました。

松井怜奈さんがガンダムビルドファイターズの公式ファン第1号に正式に認定されて、放送前から応援団長になります。

アイドル芸能人の特典は本当にうらやましいです。

「HG1/144 ビルドストライクガンダムVer.松井玲奈カラーリング」

「MG1/100 スペシャルストライクルージュVer.松井玲奈イメージ」

をバンダイからプレゼントされていました。

おそらく、このスペシャルバージョンが市販されるなら大人気になると思います。 バンダイが自分用のガンプラをカスタマイズできるサービスを提供してくれるとうれしいです。

今回の発表の契機は、機動戦士ガンダムから35周年の節目の年に最新作のプロジェクトを施行したい!というサンライズと製作者側の意図によります。

個人的にはとても楽しみで放送が待ち遠しいです。

近未来にガンプラブームが再燃して、ガンプラを戦わせるという基本テーマに賛成・異論が掲示板や2ちゃんねるで激しい議論が展開しているようです。

「プラモ狂四郎」や「ダンボール戦機」や「模型戦士ガンプラビルダーズビギニングG」などのようなガンプラバトルを想像している大人は拒否反応しているようです。

小学生以下向けのアニメであるならば、往年のファンは成人した大人ですから、興味が低いかもしれません。

物語の概要はというと、

主人公イオリ・セイはビルドストライクガンダムのガンプラを操作します。

これは「機動戦士ガンダムSEED」に登場しているストライクガンダムを基本にした改造版のようです。

ほかにも、ビッグドムやザク2やウイングガンダム、ガンダムXを本体基礎としたガンプラ他、今までの全シリーズのモビルスーツがガンプラとして登場する予定です。

ガンダムシリーズには「初代ガンダムだけが好き」などの根強いコアなファンが多いので、

ストーリー性を重要視したい人には物足りないかもしれません。

純粋にガンプラを作るのが好き!という方や激しいガンプラ対戦をアニメで見たい方の前評判が高いです。

ちなみに、今回の発表会では注目発言もありました。

2014年から2015年に、続々が新作が公開されるそうです。

「機動戦士ガンダムUC episode 7」「富野由悠季監督の新作」「ガンダム THE ORIGIN」の3本立てです。

ガンプラファンの引き続き、新作映画やアニメなど、ガンダムワールドを堪能できる35周年を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です