残業1時間!新入社員の理想と現実のギャップ

ゴールデンウィークを過ぎると、新入社員が退職する確率が高いです。

入社してから理想と現実のギャップを感じて「やめる」と即断即決してしまう若者が多くなる時期です。

その一つの要因が「残業時間」になります。

最近では、長時間残業や休日出勤やサービス残業の企業のことを、ブラック企業と認定して訴えられるケースもあります。

しかしながら、サラリーマンやOLとして雇われているでは残業は避けられない。

若い社会人は、どれくらいの残業なら許容できるのでしょうか?

調査会社によると、理想とする残業時間は月24時間で、1日当たり1時間前後だそうです。

また、男性のほうが残業時間が長いのは仕方がないと思います。

男女差があるのは間違っている!と主張する人がいるけど、育児や家事などを考慮すると女子が家庭の仕事をやる風潮は変わっていないです。

基本的に今でも家事育児は女性が担当という風潮です。

結婚しても男性が早く帰宅できない慣習を作るのは間違っているけど、現実として受け入れている男性がほとんどです。

社会構造を抜本的に変えなければ、残業がなくならない気がする…。

女性の雇用促進を推進しているが、まだまだ残業時間には男女の差があるようだ。

「若手社員の理想は残業1日1時間」は派遣社員や契約社員でも同じ意見です。

身分が保証されている正社員は非正規雇用労働者よりも労働時間が長くなるのは仕方がないのかもしれません。

新入社員は仕事に不慣れなうえに、経験を積む必要があるから、残業1時間で済ませるのは困難なのは仕方がないと思います。

介護や看病があるから残業なしという制度をもっと充実してほしいですね。

政府が積極的に介入して残業少なくする努力をし続けてほしいです。

その分、若手が残業1日1時間で済ませられるくらい、実力を磨く覚悟があるのか注目したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です