風呂場のチョウバエ駆除方法と排水溝磨くプロに相談

お風呂のチョウバエが天井や浴槽にブンブン飛んでいてとても邪魔なのに気がついた。

自然死しないから厄介で虫と一緒にお風呂でくつろぐのはいやでよね。

不安になり、ネット検索するとチョウバエに悩んでいる方々が多くてびっくりしました。

風呂場で大繁殖してしまった最悪な事態の人もいてこれはヤバイです。

チョウバエは2週間の幼虫期間からさなぎとなり、成虫として4~14日間生存するそうです。

セミより長生きするのかもと思うと生命力あるハエですね。

まず駆除するためにチャレンジしたのは熱湯攻めです。

調べた結果、チョウバエの駆除方法は

1, 発生源と思われる場所に70度の熱湯をかける

2,シャワーで流す

3,専用殺虫剤をまく

チョウバエ専用殺虫剤が販売しているとは知りませんでした。

チョウバエは暗く、ジメジメしている場所に生息するという。

風呂場であれば、掃除しにくい浴槽直下の排水溝付近が繁殖する絶好の場所です。

とりあえず、排水口の毛髪を流さないための蓋を外して熱湯をガンガン流し込みました。

ついでに、塩素系の洗剤を適当にながしておきました。

以前、カビキラーを使ったのですが、胃がムカムカするし、軽く手がヒリヒリしたからこれは危険だと感じました。

消しゴミのカスみたいな細くて長い虫がはいつくばっているのがチョウバエの幼虫だそうです。

洗剤をかけても死にません。なんとう生命力!

熱湯攻撃が一番有効みたいですね。

排水溝をしっかりブラシでゴシゴシ洗い流して熱湯をかけます。

仕上げとして購入してきた専用殺虫剤をかけて放水しました。

これが効果てきめんで成虫からさなぎや幼虫まで撲滅できました。

変な達成感があって、梅雨や夏場には再度掃除して大発生しないように頑張ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です