帰宅恐怖症の男性の秘密の本音を暴露



 

帰る自宅があるのに、帰りたくない。

帰宅恐怖症の既婚男性が急増している社会問題の真実を暴きます。

旦那さんの帰りが遅い、理由をつけては家に帰ってこない!思い当たる女性はいますか?

仕事の疲れをとってリラックスできる我が家が、男性にとって一番居心地の悪い場所になるのが最悪です。

パートナーの女性にとっても辛いし悲しいはずです。

男性が帰宅恐怖症に陥いる原因の大半は「妻の愚痴や叱責に我慢できない」「自分の居場所がなくなること」だといわれています。

そこで帰宅恐怖症の男性のリアルな本音をインタビューして教えてもらいました。

結婚前後に関わらず、図星かもしれないので確認してほしいです。

 

自宅なのに孤独感や疎外感を感じる

帰宅しても「お帰りなさい」と出迎えが一切ないし「お疲れ様」「今日もご苦労様」などの労いの言葉が皆無だと寂しいです。

しかも、早めに帰ると妻が露骨にめんどくさそうな顔をします。

これは男性にはきついですよね。

家族のために働いて帰宅したのに感謝や尊敬のおもてなしが一ミリもないのは心が折れます。

しかも、夕食は家族と食べることはないそうです。

仕事の帰りが遅くないのに関わらず、奥さんと子どもは先に夕食を終えていて、自分だけ寂しく家族と同じテーブルでは食べさせてくれないだなんて、刑務所よりひどいかもしれません。

これでは、家に帰りたくなくなるのも当然ですよね。

普段から奥さんが働いている旦那さんに感謝と尊敬の気持ちを抱いている様子を示さないと、子どもも父親を軽蔑したり、馬鹿にします

家族を養っている父親が、妻と子どもに軽視されると、旦那さんは帰宅拒否になるのは自然でしょう。

子育てにも悪影響ですから、奥さんが心を入れ替えてほしいです。

 

休日にゴロゴロすると激怒される

男性は休日には家でごろ寝しながらテレビを眺める時間が必要です。

何もせず、ただただ、頭を空っぽにしてボーッとする時間がストレス解消の時間です。

妻は家事を邪魔されてイライラしますけど、夫に小言を言うのはダメです。

女性は、買い物をしたり、お喋りをすることがストレス解消ですけど、男性は違います。

せめて、休みの日くらい自由に好きなことをさせてあげましょう。

 

気遣いの要求はつらい

部屋が汚い、テーブルが散らかっている等と、奥さんから注意されると疲れるそうです。

「言われなくても動いてちょうだい」という言葉を言われるのが一番厳しいです。

何かひとつの行動をするたびに、奥さんからダメ出しや注意をされる。
一見、どこの家庭でも見られる光景ですが、このようなことも旦那さんが家に帰りたくなくなる原因へとつながるのだそう。

男性は仕事を円滑に進めるため、神経過敏で注意や気を配ったり、上司への言葉遣いや気遣いをしていますが、家では緊張の糸を切っていたいです。

家でも気を遣えというのは奴隷に等しいです。職場では上司に、家では奥さんにと両方で怒られるなんて最悪ですから安心できる環境を作ってあげましょう。

以上、男性の本音を検証してみました。

旦那さんを帰宅恐怖症に追いやるような言動としていたと悟った女性がいるなら、今すぐに心を入れ替えてください。

男性が心休まる自宅にするには奥さんの使命です。旦那さんがうつ病になった原因が家族だなんて不憫でかわいそうです。

素敵な家庭を作りましょう。

 

無農薬・自然素材の原料にこだわったサプリメント


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です