20代男性4割が性交渉拒否!性交渉の不満は離婚原因か?

日本の出世率激減は止らない!人口低下がどんどん悪化する理由が読めてくるアンケート結果に驚きました。

20代男性の42%が「異性と性交渉を持った経験がない」という結果が話題になっています。

「日本家族計画協会」が5,000人を対象にした獲得したネットアンケートの結果で、さとり世代の現実が鮮明にはじき出した結果だと思います。

女性のほうはいうと、「ない」と答えたのは21%。

つまり、男性は女性より約2倍もの未経験者がいて童貞が世の中に存在して、草食系男子が蔓延している社会構造は重大な問題に発展するでしょう。

アンケート結果が必ずしも正しい結果だと言い切れないにしても、プライベートの問題に対してはマジメに答える可能性が高いです。

今回の論点では、既婚者女性の視点で、夜の生活が不満なことを理由に掲げて離婚事由になるのかならないのか、法律も踏まえて検証します。

不貞行為、配偶者以外と性交渉をすることが離婚の理由になるのは当然です。

その反面、夫婦間で性交渉がない場合も離婚理由になります。

過去の判例では、夫が結婚後一度も妻と9か月間も性交渉を全くしなかったケースです。

夫婦が協議離婚した際に、その原因を「夫が性生活をしなかった」として、夫に妻に慰謝料の支払い命令という判決に至りました。

性的行為がないと離婚申立しても勝訴できるだんて知りませんでした。

妻や夫とベッドインしたくないなら、結婚する資格がないとの見解と受け取りました。

お互いに性生活をしない夫婦であれば問題ないはずです。

子作りをしないのは罪にならないし、そもそも性交渉に拒否反応がある人は、結婚前に相手との話し合いが必須だと考えられます。

 

性交渉の問題の背景が大切

夫婦間の性交渉の定義は、簡単にきまらないなくて、ケースによります。

夫婦の年齢や病気、家庭環境、性交渉のとらえ方に起因するからです。

夫婦そろってやりたくないという思想であればなくても問題になりません。

他人が多すぎるし過激と判断しても、当事者二人が納得しているなら全く離婚理由にあたりません。

論手になるのは、、夫婦の考え方が違う場合です。

「性交渉が必要と考える側」「断固して応じない側」が係争する場合には離婚理由になり、性交渉に応じない側に離婚原因の烙印を押されます。

また、「過激な趣味の行う側」「これに応じられない側」の場合は離婚理由になって、過激な趣向を要求する柄に離婚原因があるという判例です。

夫婦の性交渉の問題を即決するのは危険で、お互いが気持ちの整理や要求をじっくり相談するのが第一段階です。

お互いが努力してもだめな場合には、離婚理由になるのでしょう。

 

男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です