第一印象が当たる理由と好感度を上げる方法

出会った瞬間に「運命の人!」と直感が働いた経験はありますか?

また、その後はその相手とはどうなりましたか?

第一印象のとおり相手が正真正銘のナイスな人で、自然の流れで交際に発展して結婚のゴールインを果たした事例もあれば、最悪なダメ女・ダメ男だと判明して大ショック…というパターンも多々あります。

「第一印象が当たるか当たらないか」については、アメリカの心理学研究所が調査し続けています。

■第一印象が信頼できる理由

出会ってから時間が経過していない間に告白されて、即答で告白を断るシーンは鉄板でありますよね。

時間を使えば相手を理解できるのか疑問が残ります。

脳の働きと実験の結果、「第一印象は的を得ている」場合が多いです。

一目惚れは信憑性が高いのでしょうか?

とすれば、「告白された相手の素性をよく知らない」という理由だけで簡単に断るのは大きな損をしている可能性が高いです。

もしあなたが告白した立場として、好きな人から「現段階ではあなたとのお付き合いすると決められない」と言われたとしても、焦る必要なありません。

「現時点では」「今はまだ」という意味を「近い将来には可能性がある」と変換して時間を置いて再度アタックを試みて相手が振り向くのを待機する価値があります。

■第一印象を良くする秘訣

第一印象と熟考したときの判断はあまり精度に変化がないとう結果になりました。

そこで、第一印象をよくするコツは、ズバリ「笑顔」です。

表情研究の専門家が研究論文にまとめていますけど、気持ちや深い思いを伝えるにはニコニコしましょう。

笑顔は伝染しますから、明るい印象を与えるのでぜひ笑顔を心がけてください。

さらに、新しく知った人がどんな人か結論を出すのには、3秒もかからないとのこと。なぜこんなにも早く結論を出せるのか?

直感力を鍛えたのは、敵におそわれないように味方との判別を瞬時にやる必要があったから脳は発達したのかもしれません。

つまり、人から好感を持たれるためには、初対面では3秒以内が勝負です。

3秒以内に自分から相手に対して微笑みかけてください。

 

人は0.5秒で選ばれる!―チャンスが20倍増える、印象力の磨き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です